スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by JSTH
 
[スポンサー広告
また逢う日まで
110105
姉の家のフェネックのルイちゃんが昨夜、腎不全で亡くなりました。
姉が飼ってるミミちゃんとケンケン君の子供で、怖がりだけど元気な子でした。

暮れから調子悪く食欲が無かったみたいで、昨日病院が営業開始したので預けたそうです。
でも昨夜、先生が帰り際に見たら息を引き取っていたそうです。
3歳という短い生涯でしたが、いっぱい愛情注がれた生涯だったと思います。

写真は去年撮った写真です。
姉以外では俺にしか寄って来なかったですが、愛嬌ある顔でカワイイ子でした。


いつかおはぎやきなこともお別れする時が来るのは分かっています。
分かっているからこそ、生きている時間に俺の出来る事は精一杯してあげたいです。


ルイが安らかに眠れますように・・・


おはぎ 体重548g  きなこ 体重520g
関連記事
スポンサーサイト
Posted by JSTH
comment:2   trackback:0
[姉の家の子供達
comment
JSTHさんのお姉さまなら、きっと毎日たくさんの愛情を
注いであげてたんでしょうね。
ルイちゃんきっと幸せな一生だったと思います。

別れは悲しいけれど最後のその時に、たくさん、ありがとうと言ってお別れができるように毎日過ごして行きたいですね。

ルイちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2011/01/05 23:55 | URL | edit posted by ヒロ
Re: タイトルなし
>>ヒロ様

コメントありがとうございます!

そう言っていただけると、俺も姉も救われます。ありがとうございます。

ペットと一緒に暮らすというのは、「覚悟に始まり覚悟に終わる」だと思うんですよ。
「一生面倒見る覚悟」「一緒に暮らした子とお別れする覚悟」
その間の時間をどれだけ幸せにしてあげて、幸せにしてもらえるか。
その為には毎日が大切なんだと思って接しています。

ありがとうと言ってお別れができるように。とても良い言葉ですね!
2011/01/06 21:31 | URL | edit posted by JSTH
comment posting














 

trackback URL
http://morulife335.blog58.fc2.com/tb.php/133-5123e97b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。